家族の一員としてペットを飼育している方は多く、その中でも飼育数では、犬がトップの座を占めています。さまざまな種類の犬たちが私たちと共に生活している中で、少しでも健康で、長生きしてほしいと願うのは、すべての飼い主に共通した思いでしょう。こうした愛犬の健康を考えるときに、ぜひ検討しておきたいのは、どんな食べ物を与えるのかということです。私たち人間と同じように、日々の食事がその健康維持のためには不可欠ですが、元気で長生きすることができるようにと考えるのであれば、少しでも体に良いものを与えたいと考えるのが当然です。そうした愛犬家を中心として、注目を集めているのが無添加のドッグフードですが、こうしたドッグフードにはさまざまなメリットがあります。

添加物が使われていないから、安心できるドッグフード

愛犬に与えるフードを選ぶ際に、どこでも販売されていて買いやすい、あるいは値段が安いからといった理由で選んでいては、本当に良いものに巡り合うことは難しいのが現実です。パッケージの裏面には原材料や添加物などが記載されていますが、使われている原材料や添加物の数に、びっくりされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。その中には、見かけないような添加物が記載されていることもあります。たとえばおいしそうに食べてくれるようにと加えられているものや長く保管することができるようにと加えられている添加物が、必ずしも愛犬の健康のためにプラスになるものばかりとは限りません。私たちの食物と同じよう、できれば添加物の少ないもの、あるいはまったく使用していないものの方が安心して与えられることは間違いありません。

無添加ならフレッシュなフードを与えられます

一般的に販売されているフードにはさまざまな添加物が使われている中で、多くのフードには品質を保持するための添加物も使われています。肉類や穀物などだけで作られたフードなら、開封後も長くそのまま品質を保持しておくことは、難しいのが現実でしょう。そのため保管場所を選ばなくとも、長く品質を保持することができるよう、こうした添加物が使われています。無添加のフードの場合は、こうした添加物が使われていません。そのため添加物の含まれているものと比較すると、当然ながら消費期限は短くなります。けれども消費期限が短いために、常に新鮮なものを食べさせることができます。愛犬の健康を考えるなら、どんなものを食べさせるかということを真剣に考える必要があります。そのため無添加のドッグフードは人気があり、今後も注目される商品といえるでしょう。